« 小春日和の昼休み | トップページ | 流しそうめん状態 »

2007年12月 2日 (日曜日)

つぶらな瞳

冬支度で庭の鉢を動かすと、ピョンと飛び出す雨蛙君(ちゃん?)

せっかくお休みしていたのに失礼。

雨蛙は被写体としてなかなか可愛くて魅力的。

この大きさ、低さとなるとやっぱりCOOLPIX990の出番。

ピントの自由度、正確さ、申し分ない。

20071201c.jpg

(Nikon COOLPIX 990)

« 小春日和の昼休み | トップページ | 流しそうめん状態 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

小さな生物も一生懸命純粋に生きているんだな、と思わされますね。
アマガエルは好きな被写体なので、家族に怪しい人扱いされながらもせっせと撮ってます。

一瞬作り物かと思いましたが、これ本当の
生き物なんですね? つぶらな瞳が生きてる~(@。@”

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つぶらな瞳:

« 小春日和の昼休み | トップページ | 流しそうめん状態 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ