« なかなか書けない | トップページ | D40にオールドレンズで雪剱立山 »

2007年11月18日 (日曜日)

きのこの目利き

きのこの同定は難しい。植物でありながらこれほど色・形・大きさがバラバラなのがネックとなる。加えて食する対象となるのでなお注意が必要。図鑑を見てもバラバラ、特徴も何が何やら。

個人的にはきのこに詳しくなりたいならやっぱり、場数。加えて確実に同定できる人とともに。鑑定会に参加するのがいい。一度に多くの種類を見られるし、同じきのこのいろんな状態(幼菌、老菌など)を見ることができる。

私はきのこの専門家でも詳しいわけでもないので、人に教えることはできない。特徴を聞かれても明確に答えることもできない。けれど見分けることができるきのこはある。簡単に言えば「どうしてこの顔が○○さんとわかるの?」と質問されているようなもので、目で見て脳が判断する。これまで見てきた情報を総合してということ。

で、触れる機会が少なくなっていくと情報も失われていき、目利きができなくなってくる。今はそんな状態・・・。

情報を補う意味でデジカメは便利。いろんな角度から撮って、背景も写し込み、発生日時も記録される。これに位置情報が加われば最適。

なかなかGPS内蔵のカメラがでないが、ちょっと気になる機種が発表になった。本職はカメラでないけれど、GPSデータを自動で付加できるらしい。値段は高いんだろうな~。

(仕事中に撮ったきのこ←ちゃんと仕事しろ~)

20071026a.jpg

(↑↓ ハタケシメジ RICOH Caplio R3 )

20071026b.jpg

20071107.jpg

(ナラタケ RICOH Caplio500Gwide)

20071116k1.jpg

(スギヒラタケ RICOH Caplio500Gwide)

20071116k2.jpg

(?? RICOH Caplio500Gwide)

20071116k3.jpg

(チャナメ?キナメ?ツムタケってところかな RICOH Caplio500Gwide) 

« なかなか書けない | トップページ | D40にオールドレンズで雪剱立山 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

きのこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きのこの目利き:

« なかなか書けない | トップページ | D40にオールドレンズで雪剱立山 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ