« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日曜日)

大晦日の日の出

今年の大晦日は、青空が広がり気持ちいい。今年も一年毎日撮り続けることができた。こうやって無事大晦日を迎えられればそれだけでも幸せというもの。昨年の大晦日は手持ちのデジカメの紹介をしたが、うち3機種は手元にない。リコーのGXはGRに、D70はD50を経てD80になった。VR18-200は一年を通して大活躍してくれたけど、落下という不幸に見舞われ入院となった。退院したものの、どうも以前の切れが無いように思う。完全に元通りにはならないか・・・?

COOLPIX990はマクロで右に出るものなしで現役。IXY500も最後のCF機種として、必要十分な性能。28mmのIXY900が出てちょっと立場が危うい感じだが、今でも十分いいカメラ。

IXY-Lは、キャノンのカメラとしてはマクロが強力で、オシャレ、防水ケースにいれてもコンパクトなので手放す理由なし。来年のデジカメ市場はどうなるのだろう。

一眼は、さらなる低価格化高性能化が進むだろう。D40の性能で新品5万を切るのだから夢のよう。来年のニコンには、AF-S、VRレンズの充実を望みたい。単焦点のいいやつを。

コンパクトのトレンドにGPSが加わらないものかと思う。GPS自体搭載が難しいなら、Bluetoothを搭載してくれないかな?まずは、リコーさんお願いします。

とにもかくにも、大晦日に剱立山が見られて良かった。あすの初日の出に期待して、みなさま、良い年を!!

20061231.jpg

(D80 AF-S DX VR 18-200)

2006年12月30日 (土曜日)

なるほど便利だ、感度自動制御

お気に入りのサイトに「Photo of the Day」があるが

その中でニコンの「感度自動制御」について書かれていた。

くわしくは、その記事をみていただくとして、デジタルカメラの

説明書をまず読まない私としては目から鱗の便利モード。

いつも、シャッタースピードが遅くなると、わざわざISOを上げて撮っていたのが

下限のシャッタースピードを設定すれば、あとは足りない分だけ感度を上げてくれる。

しかも1/3段ごとに上げていくので感度上昇による画質の低下も最小限。

加えて最近のカメラは高感度も強いから明るいレンズと組み合わせれば

デジタルならではの露出制御を満喫できる。

デジタルを嫌う人も少なからずいるようだけど、便利に気軽に確実に記録を残せる

それだけでもデジタルを使う価値はあると思う。

20061230.jpg

(D80 AF35mm F2 感度自動制御ISO160相当 絞り開放、1/30に設定)

2006年12月28日 (木曜日)

ようやく雪

いよいよ本格的な強い寒気がやってきた。昨年は今頃はもう雪なんて勘弁って感じだったけど

今年はここまで雪なし。このままは今年は最後まで雪模様?

元旦は晴れマークがでているけどさてさて。

20061228.jpg

(D80 魚眼)

2006年12月26日 (火曜日)

ヒカラビラタケ?

毎年観察している公園の樹木に発生するヒラタケ。

今年は降水量も少ないしちょっと干からびていた。

樹自体にも力がなくなっているのかもしれない。

毎年1本は出ていたエノキタケは今年はなし。ちょっと寂しい

200612026h.jpg

(GR-DIGITAL)

2006年12月25日 (月曜日)

早くもヒメオドリコソウ

早春の指標としていたヒメオドリコソウ。今年の12月は暖かいのでもう咲いていた。

植物にも季節感がだんだんなくなってきているようでちょっと寂しい。

GR-DIGITALをファームアップして初めて実践?的なマクロを撮ったけど

ピントも実に快適にあうし、写りも抜群。

やっぱり普通のコンパクトとはひと味違うカメラだ。

200612025.jpg

(GR-DIGITAL)

2006年12月24日 (日曜日)

メリークリスマス!

信者ではありませんがイベントとしてメリークリスマス!

200612024.jpg

(D80 18-200 魚津市ミラージュランドの観覧車)

2006年12月22日 (金曜日)

冬至にカボチャ湯?

今日は冬至。カボチャを食べて、ゆず湯に入るというのが日本の常識?

けれど、実家のある富山県N市では、カボチャがお風呂に入っているのが常識??

小さい頃行っていた銭湯にも家の風呂にも入っていた。

ずーっとそんなものだと思っていた。

けれど年をとり世の中がわかってくるとどうも違うということに気づいた。

ずっと黙っていたが、ある時FMとやまで「N市ではカボチャ湯」という

ことで盛り上がり、いろんなリスナーから「うちもカボチャ湯」という

メールが多数。うーん、うちだけではなかったと安心すると同時に

なんでカボチャがお風呂に入ってしまったのかが疑問?

ほかのところでもあるのかな~

結婚してからは、うちのお風呂には「ゆず」が入ってます・・・。

20061222.jpg

(D80 AF-S VR 18-200)

2006年12月21日 (木曜日)

朝に撮るなら

剱立山を朝に撮るなら、夜明け前か、曇りの日。今日は光線の状態も良く、冬の透明度も加わってくっきりと。

20061221.jpg

(D80 Tamron90mm MACRO Di)

2006年12月20日 (水曜日)

小春日和

正式には小春日和というかは微妙だけど、ここ富山の12月としては暖かく気持ちの良い一日だった。朝は冷え込み遠くに冬の蜃気楼、剱立山連峰も一望できる絶好の場所から。

200612020.jpg

GR-DIGITAL

2006年12月16日 (土曜日)

12月でも桜

今日は暖かい一日。明日からは寒くなり雪も降るかも。

道路脇のソメイヨシノの並木に1本だけ今頃花をつける桜がある

十月桜かと思えば、「子福桜」というらしい。

雌しべが2本あるのが特徴とか。

いずれにしてもこの時期、特に北陸で桜が見られるというのは

それだけで貴重。

200612016.jpg

(D80 Tamron90mm Di)

2006年12月15日 (金曜日)

うまそうだけど。

久々の外仕事。ふと見れば朽ち果てた原木?からナメコが発生している。(しかも数カ所)たぶん所有者は気づいていないというか、もう出ないと思っているのだろうけど人のもの。これを採るわけにはいかない。あーでももったいないな~。こんな風に開いたナメコも最高においしいんだけどな~。

200612015.jpg

(リコー R3)

2006年12月13日 (水曜日)

GR-DIGITAL + GW-4

久しぶりにGR-DIGITALにGX用のワイコンGW-4をつけて撮ってみた。GR純正に比べるとちょっと画角が狭いが歪みも少なく十分実用範囲。

ここからの眺めもだんだんと定点化。

200612013.jpg

2006年12月12日 (火曜日)

GR-DIGITALで180秒

GR-DIGITALパーフェクトブック2なる本を読んで星空を撮ってみたくなった。帰り道、見上げれば星が綺麗。

本当は光の無いところへ行けばいいのだろうけど、時間も無かったので海岸近くの農道へ。

ISO800にしようかとも思ったけれど、ISO400で挑戦。露出時間は最長の180秒。

180秒も長いけど、その後処理の180秒もこれまた長い。それでもこれだけ写れば上等か?

20061212.jpg

GR-DIGITAL F2.4 180秒 ISO400

ついでに朝の剱立山

20061212k.jpg

GR-DIGITAL

2006年12月 8日 (金曜日)

久しぶりの剱岳

(メンテでなかなか更新できなかったけどせっかく書いたので)

今日は(12/5)久しぶりに剱岳がよく見えた。久しぶりに見る姿は白さが増し冬山そのもの。

20061205.jpg

20061205t.jpg

(D80 18-200)

2006年12月 4日 (月曜日)

どうも調子が悪いぞ18-200

修理から帰ってきて大活躍のVR18-200ちゃん。帰ってきたばかりはプログラムオートでも解放しかならなくて、そのうちなおったけど、レンズを換えて、またVR18-200に戻したら同じような症状。絞り優先にしたり、いろいろいじっていると普通に使えるようになる。どうもVRの効きも悪くなったような気がするし、ピントの切れも・・・。やっぱりあれだけのショックを与えたら完治はしないのかな?今日も目まぐるしく天気が変わり、晴れ間に見えた山はもう真っ白。昨年のようなことはないだろうけど、平地が白くなる日も遠くないかな?夕方雲が切れ、月が綺麗だったので一枚。

20061204.jpg

(D80 VR18-200 ISO640 2.5秒露光)

2006年12月 3日 (日曜日)

RSSとポッドキャストに(2)

ザウルスでのポッドキャストは直接インターネットからダウンロードできるし、スピーカーもイヤホンもついているわけだから便利と言えば便利なのだけれど、やっぱりもっと気軽に簡単に操作出来る方がいい。そもそもポッドキャストのポッドはipodのこと。だからiTunesを使えば簡単にダウンロードすることができる。多くのポッドキャストは登録ボタンを押すと自動的にiTunesに登録される。iTunesは以前からCDの取り込みに使っているけど、ipodは持っていない。ipod以外がiTunesから転送することができない。いちいちパソコンでドラッグするのも・・・。で、考えたのがiTunesの標準フォルダをMP3プレーヤーにしてしまうこと。こうすればipodでなくても自動的に保存される(当たり前)。でで、3日間ほどやってみたが転送の遅いこと遅いこと。でもまーいいかと思っていたけど、ついついPCショップでipod shuffleを見てしまった。その小ささに目を奪われ気がつけばレジに・・・。初めてipodなるものを買ってしまった。ここ2日ほど使っているけどやっぱりiTunesとipodの組み合わせは便利。売れている訳もわかります。面積にしてCFよりも小さいこの筐体に1GBのメモリーとバッテリーそして基盤が入っているのだから驚くよりほかない。液晶もないし不便かな?と思ったけれどポッドキャスト用+αと思えば上出来。関心したのが曲(やニュースなど)ごとに聞いた場所を覚えていること。読売ニュースを聞いていて、途中で日経ニュースに移動、音楽聞いて、また読売ニュースに戻るとちゃんと続きから再生してくれる。十分使える優れた機器ですね、これは。

20061202.jpg

2006年12月 2日 (土曜日)

RSSとポッドキャストに

最近、ザウルスの有効活用を模索していろいろ調べていたら、今まであまりよく理解していなかったRSSという言葉にたどりついた。この機能を使えばいろいろなブログなどをブラウザーを使って巡回しなくてもいい。ブログもシンプルなものならともかく、画像が多く使われていたり、ヤフーのようにレスポンスが悪かったりするとお気に入りを巡回するだけで時間がかかるし、せっかく見ても空振りということも多い。私はBecky! というメールソフトを使っているけど、プラグインでRSSに対応していて、ブログの記事をメールのごとく取り込むことができる。更新がなければ受信なしになるし、画像も見ることができる。いやーもっと早くに知っていれば。画像は見られないけど文章だけなら同様の機能をもったソフトがザウルスにもある。いやはや便利な世の中だ。次にポッドキャスト。ザウルスで読売ポッドキャストをダウンロードしてニュースが聞けるというところから興味をもったけれど、これが車通勤の自分でも時間を有効に活用できる。車の中では安全性を重視するとザウルスではちょっと操作性に難あり。(つづく)

20061202r.jpg

田中希美男氏のブログ「Photo of the Day 」を受信表示したところ

 

2006年12月 1日 (金曜日)

冬のきのこ

今年はきのこにさっぱり巡り会えずシーズン終了かと思っていたが、今日は久しぶりにきのこを発見。どうもこのきのことは縁があるようだ。冬を代表するきのこ、そして実はとっても身近にあるきのこ、「エノキタケ」。野生と栽培とこれほど違うきのこも珍しい。実は昨日、職場に「小学校でキノコが発生、これなんだ?」と持ち込まれていた。自称エノキ名人の私は一瞬にして「エノキタケ」と同定するも、大半の人は信じてくれない。やれナメコだ何だと大騒ぎしていたけど、図鑑を見せながら説明し、ようやく納得。今日も同行した山のプロ達でさえ、「あーナメコだ」と。雨に濡れて見事なヌメリ。ナメコに見えなくもないし、これからエノキを想像しろという方が難しいかな?

20061201.jpg

(IXY-DIGITAL L) 時間がなかったので写りはイマイチ、ご勘弁。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ