« GR-Dでキノコ惨敗 | トップページ | どうせ寄るなら思い切り »

2006年10月 1日 (日曜日)

GR-DIGITALのマクロ

以前、GR-DIGITALのマクロのピントは優れていると書いた。しかし、しばらく使っているとやっぱり得手不得手があるようだ。今回の被写体、おもちゃのカエル君。蛍光灯の下で目にピントを合わせようとしてもすぐにギブアップしてしまう。十分コントラストがあると思うのだがカメラはそう判断していないようだ。ちなみにE990でやってみれば何の問題もなくピントがくる。この差は大きい。けれどもGR-DIGITALにはマニュアルフォーカスがある。そしてマニュアルフォーカスの時は中心部をズームしてくれるのでピントも合わせやすい。モニターさえ見えればこの手もあるが、きのこなどが相手だとやっぱりAFで合って欲しい。ちなみに、ストロボの調光能力となると、さすがは最新でプリ発光できるGR-DIGITALは優秀!レンズでケラれるが、うまく光を回せれば有効な手段となるだろう。
20061001
(GR-DIGITAL MF 1cm程度)
20061001a
(GR-DIGITAL MF 3cm程度 ストロボ使用)


« GR-Dでキノコ惨敗 | トップページ | どうせ寄るなら思い切り »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GR-DIGITALのマクロ:

« GR-Dでキノコ惨敗 | トップページ | どうせ寄るなら思い切り »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ