« 水田に映る夕焼け | トップページ | 角出せ »

2006年5月13日 (土曜日)

僧ヶ岳の雪絵

富山県の東部に位置する僧ヶ岳。その名の由来とも言われる雪絵が出てきた。画像中央上部が笠をかぶった僧侶に見える。この雪絵は変化して行くがその様子を見て昔の人達は田植えの時期などを判断したという。星空にしろ自然から得られる情報は今も昔も変わらないと思うが、受け取る側が時代の変遷に伴い大事なものを失っているのかもしれない。
20060512
(D50 18-200)

« 水田に映る夕焼け | トップページ | 角出せ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33794/10049602

この記事へのトラックバック一覧です: 僧ヶ岳の雪絵:

« 水田に映る夕焼け | トップページ | 角出せ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ