« 雨の日も心おきなく | トップページ | 銀塩が主流? »

2006年4月11日 (火曜日)

紅の剱立山

雲に隠れていた太陽が日没前に徐々に姿を現し、雲を染めていく。刻一刻と変化するドラマチックな夕焼け。陽が沈む頃、剱立山が赤く染まり出す。気が付けば1GBのメモリも残り僅かとなっていた。
20060411
(D50 VR18-200)
20060411_1


« 雨の日も心おきなく | トップページ | 銀塩が主流? »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅の剱立山:

« 雨の日も心おきなく | トップページ | 銀塩が主流? »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ