« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日曜日)

単三デジカメの救世主

以前は単三仕様のデジカメに魅力を感じていたものの今ではすっかりリチウムイオン派。単三仕様のデジカメはバッテリの流用はきくし、年々容量もアップし、使い勝手がいいことは確か。加えてアルカリ電池でも動くのだから電池無しでは使えないデジカメにとってはありがたい存在。けれども今ではデザイン優先のためか、あまり採用されなくなってきた。COOLPIX990を買ったときのニッケル水素充電池の最高容量は1700。今では2500。実に約1.5倍。200枚撮れるカメラなら300枚撮れる計算。けれどもいいことばかりに思われるこのニッケル水素充電池にも弱点があった。それは自己放電が結構激しいこと。予備の電池にと思って持っていくと容量が低下して使えなかったということもしばしば・・・。かといって出かける前に充電も時間がかかるし、ちょこっと充電はメモリ効果が発生するおそれがあるので避けたい。でやっぱり自己放電少なくメモリ効果も少ないリチウムが便利となってしまう。ところがここへ来て充電池のトップメーカー三洋から自己放電の少ない充電池が発売になった(と行っても随分前に発売)。容量は2000mahと今となっては見劣りするスペックだけど、いざというときに使えない2500よりずっとまし。予備として常備できるその安心感は何より魅力。自己放電しなければ継ぎ足し充電もしなくていいからメモリ効果もきにしなくていい。これでCOOLPIX990もまた寿命が延びそうだ。ちなみにパナからも同様の電池が出ている。
20060430


2006年4月29日 (土曜日)

春の剱岳

HPは毎日更新できてもブログはなかなか・・。やはり文書を書くのには気合いが必要。でもぽつっと写真だけというのもありかな?(手抜きです)
20060429
(D50 VR18-200)


2006年4月18日 (火曜日)

IXY-DIGITAL500も捨てがたい

IXY-DIGITAL800ISに対する関心の高さを前回の記事で実感。いつもの4倍以上のアクセスにちょっとビックリ。800ISは黙っていても売れるでしょうし、買って後悔することは少ないでしょうね。さて、私のIXY-DIGITAL500君はしばらく入院してました。CFの蓋の爪が折れて閉まらなくなったためです。今時は修理だけでもすぐに1万円くらいするので、買い替えるか悩むところ。けれど、バッテリーも2個あって元気だし、CFだし、良く写るしで結局修理に出した。カメラ屋の窓口で「同じようなケースでオリンパスは9800円くらいでした」と言われそのくらいを覚悟していたが結果は4500円。妥当な料金といえばそれまでだが、これも王者キャノンのなせる技か?このカメラは中古(未使用)で買ったので1年以上の保証が無い。私のように毎日撮るとやっぱり1年過ぎたあたりから修理の必要に迫られる。出来ることなら長期保証に入れるよう新品を買った方がいいのだけれど、いろいろ使ってみたいし、1年以上手元に残るカメラは希。800ISに相当傾いたのも事実だけど、ここ二日ほど山に持ち歩いて撮っているが、その写りは確かで必要十分以上。やはり手放せないカメラである。
20060418
(IXY-DIGITAL500 カタクリ)

2006年4月15日 (土曜日)

なるほど新IXY-D

新型のIXY-DIGITALシリーズが出そろったのでカメラ屋さんへ行ってちょっと触ってみた。話はそれるけど、初代IXY-DIGITALを買ったときは59800円。200万画素で2倍ズーム。それでも当時あの大きさであのスペックは衝撃的だった。あれから5年ほど今では同じ値段でデジタル一眼レフが買える。いやはや。で、新IXY-Dの注目はやはり手ブレ補正の800IS。早速電源を入れてみる。うーん、速い!600、700と使っていないので500から比べるとすこぶる速い。液晶も綺麗だしそつがない。最近はマクロのピントに重点をおいてチェックしている。寄れてもピントが合わないカメラに苦しめられたのでそこが重要。今度の800ISは、前も書いたけど2cmまで寄れる。これはもうほんとレンズギリギリ。けれどコンパクトのマクロとしてはもの凄いスピードでピントが合う。意地悪して背後に明るくコントラストの強いものを置いて手前の暗いものにピントを合わせてみる。迷うことなく合焦。いやーお見事です。こんな意地悪をするとリコーあたりは確実に後ろにピントを持って行かれる。新型のR4も迷うことなく?後ろにピント。この意地悪テストに合格したのは800ISとオリンパスのタフカメラμ720 SW だけ(って全部の機種やったわけじゃないけど)。ニコンも全然だめ。個人的にはニコンのマクロに期待していたんだけど・・・。というわけで、800IS大変良くできた優等生さんでした。(短時間の面接試験では)
20060415
(D50 Tamron90mm Di)


2006年4月12日 (水曜日)

銀塩が主流?

富山では今年2回目の蜃気楼が観測された。魚津の海岸線にはさほどカメラマンはいなかったが、駐車場にいたおじさん達に話を聞きつつ、カメラ観察。彼らは朝からずーっといるようだ。双眼鏡で観察しながらカメラで撮るというスタイルが一般的らしい。蜃気楼を撮るにはやはり望遠。みな立派なレンズかと思えば今日の人達は、400mmくらいに2倍のテレコンと約800mmくらいで撮っていた。しかも全員銀塩。まー平日の日中にずーっと蜃気楼を待っているのだから高齢の方々がほとんど。やはりこの方々にはまだまだ銀塩が主流のようだ。デジタルなら800mmが1200mmになるしすぐに確認出来るから便利なのに。と思いながらも、便利が楽しいとは限らないし、趣味はそれぞれの価値観で楽しむもの、いろいろあっていいと思う。
あそこが伸びている、もうすぐだと言われてふんふんと聞いていたが、どうやら反対側に出現していたもよう。それがちょっと悔やまれる
20060412

(暗闇の中の蜃気楼の帯)

2006年4月11日 (火曜日)

紅の剱立山

雲に隠れていた太陽が日没前に徐々に姿を現し、雲を染めていく。刻一刻と変化するドラマチックな夕焼け。陽が沈む頃、剱立山が赤く染まり出す。気が付けば1GBのメモリも残り僅かとなっていた。
20060411
(D50 VR18-200)
20060411_1


2006年4月10日 (月曜日)

雨の日も心おきなく

ようやくソメイヨシノが咲き始めたが、気温が上がらず開花進まない。今日も冷たい雨。それでも早咲きの名所に行ったので撮ってみる。雨の日用にCOOLPIX S2を買ったが、ピントが合わないし、持ちにくい、ぶれるとあまりいいところがなかったので手放した。で、雨に耐えれるカメラはIXY-DIGITAL Lに防水ケース仕様。マクロもきちんとピントが合うしいいカメラだ。防水ケースは汚れても気にならないしいいことずくめのようだが、一点だけ。防水ケースではシャッターが押しにくいためぶれやすい。感度も低いし手強いことは確か。そこはそれ、それを克服するのも楽しみのひとつ。(じゃーS2でもがんばれよ!と自分でつっこみ・・・)
20060410
(IXY-DIGITAL L)

2006年4月 8日 (土曜日)

ソメイヨシノ開花

東京の開花が早かったためか?平年より1日早いにも関わらず随分待ったような気がする。何だかんだ言ってもこの花が咲かないと春の雰囲気がでない。これから1週間程度存分に楽しむとしよう
20060407
(D50 VR18-200)

2006年4月 6日 (木曜日)

まだ咲かないので

まだソメイヨシノの開花といかない。まーソメイヨシノばかりが桜でなし。早咲きの桜2種で春の気分を満喫。
20060406
(カワズザクラ だと思う。)

20060406_1
(子福桜 なかなか良い名前)

いずれも D50 AF-S DX VR 18-200mm 

2006年4月 1日 (土曜日)

雪桜

富山ではまだソメイヨシノは開花していない。けれど早咲きの桜はチラホラ。近くの工場の敷地内のカワズザクラは咲き始めている。けれど3月末の雪で花も雪化粧。桜もちょっとびっくりかな?
20060331
(D50 18-200)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ