« 雪剱 | トップページ | マクロ撮り比べ »

2006年1月11日 (水曜日)

今更ながら調光に感心

基本的に自然光で撮るのが好きなのでストロボはあまり使わないが、内蔵されているというのはそれはそれで便利。ちょっと試しに調光テストをしてみた。あまり気にとめていなかったが、最近のストロボは良くできていてAF測距点に連動して調光している。うーん、素晴らしい。これは、Dタイプレンズの距離情報を使って調光しているのだろうなと思い、Dタイプではないレンズでも試してみたが、意外?なことに、ちゃんと測距点に連動して調光した。完全ブラックボックスの世界だが、マルチパターン測光で露出を判断しているのだろう。いやはや。昔からニコンのストロボの調光は抜きんでていた(ようだ)が、一つだけ不満があるのが、D70など最新の調光システムを持つカメラは古いストロボがマニュアル以外、発光すらしない。外付けストロボは2つ持っているが、一つは外部調光が効くの良いとして、もう一つはTTLかマニュアルのみ。で、TTLがD70では使えないとなると、もう使えないに等しい・・・。フジの一眼はニコンのボディの流用だけどちゃんと古いストロボでもTTLが効く。このあたりマウントと同じように最低限の互換性は確保して欲しいと思う。
20060111


« 雪剱 | トップページ | マクロ撮り比べ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら調光に感心:

« 雪剱 | トップページ | マクロ撮り比べ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ