« 剱岳に白鳥一羽 | トップページ | D70 VS E990 »

2006年1月25日 (水曜日)

冬の蜃気楼は毎日のように?

今日は海上の視界が良く、向こう岸もよく見えた。カメラを向けると冬の蜃気楼。これはこれはと思っていたが、こちらの記述によれば、「冬の蜃気楼は、冬の間は視界さえよければ毎日のように出現し、富山湾に限らず全国各地の海岸で見ることができます。」とのこと。あらあら悲し。今日もつけっぱなしの18-200で撮ったけどやっぱり蜃気楼を撮るには短い。かといって毎日もう一本長玉を持って歩くのも・・・・。
20060125
(D70 AF-S DX VR 18-200mm)


« 剱岳に白鳥一羽 | トップページ | D70 VS E990 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の蜃気楼は毎日のように?:

» 蜃気楼 (三浦半島〜房総半島ツーリングレポートその2) [底辺イラストレーターの日記]
久里浜の人に 「神奈川県の隣の都道府県は?」と聞けば こう答えるだろう 「千葉県」 ここから 房総半島はすぐそこだ。 太平洋を越えたかつての益荒男たちの 想像力をもってしなくとも すぐそこのだ。 フェリーに乗り込み おもった。 『「ぼく」は旅をしている。』 「オレ」では「ぼく」 ワクワクした。 金谷へ向かう船上 たくさん写真を撮ろうと思ったが あいにく電池をきらしてしまい さほと 数はとれなかった。 ... [続きを読む]

« 剱岳に白鳥一羽 | トップページ | D70 VS E990 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ