« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月31日 (土曜日)

今年使用したカメラ

今年最後は、使用カメラについて。
COOLPIX990
 もうかれこれ5年半の付き合い。電池蓋の爪が折れたのとダイヤルが接触不良でちょっと使いにくいが写り操作性は今でも現役。ほとんどすべてのアクセサリーを持っているが魚眼と3倍テレコンはニコンならでは。最近は出番が少なくなったが、たまに使ってみるとやっぱりいいカメラだと実感する。
COOLPIX700
 子供用にオークションで購入。名機(と私は思わないが)COOLPIX950と同時期の発売とあって、写りは悪くない。シャッタースピードや絞りも表示されるし、ワイコンをつけると22mm相当になるがこれがまた、歪みも少なく良く写る。ズームのない単焦点のなせる技か?たまに子供から借りて使っている。
IXY-DIGITAL 500
 約1年半の使用。CFを使ったIXY-DIGITAL最後の機種。それだけで持っている価値がある。マクロにも強くなり、大半はこれ一台で済ませることができるが、写りも含めて面白みに欠けるのが難点か?それでも、どうしても一台選べとなるとこれかもしれない。それほどよくできている。
IXY-DIGITAL L
 アウトレットで超激安で入手。マクロ専用と割り切ればよくできたカメラ。コンパクトだし、マクロの写りは十分に魅力的。けれど、遠景などになるとまるっきしだめ。キャノンとは思えないほどいい加減。最近、オークションで防水ケースを入手。現場カメラとしては小さくて便利。
Caplio GX
 広角、超広角のワイコンに持ちの良いバッテリーが魅力。けれど、マクロはピントが合わないし、液晶の写りと実際の写りがかけ離れていて、快適性という点では、最低。けれど、この大きさで28mmは立派。GRデジタルにも惹かれるが、あの値段ではちょっと手が出せない。書き込みの遅さにも閉口していたが、メディアを買えたら改善された。落として傷つけたし、ずっと持っていることになるだろう。
COOLPIX S2
 ニコンにしては珍しい防水使用でお洒落。年末にきて投げ売り状態。もうこの手のカメラは作られないかな?防水カメラが欲しい人はいいかも。良く写るし便利。欠点は、バッテリー単体で充電できないことと、バッテリーの持ちが悪いことかな?
D70
 使い始めてほぼ一年。このカメラの魅力は、「速い」に伴う快適性の一言につきる。瞬時に起動、コンパクトとは比べものにならないAF、連写。あとは、驚異的なバッテリーの持ち。1年使って何回充電しただろう。5回程度か?予備バッテリーを買ったがほとんど必要ない。バッテリーと言えば、私のものもリコール対象で、本日交換予定。1年使って新品になるなんてちょっといいかも。
 レンズは最新18-200が超便利。ほとんどつけっぱなしになりそうだけど、それではレンズ交換できる一眼の魅力半減。ゴミとの戦いとなるが、来年はいろいろなレンズを楽しみたい。

さて、このラインナップ来年はどうなるかな?
20051231


2005年12月29日 (木曜日)

高倍率ズームは便利

ニコンの最新レンズAF-S VR18-200は、35mm換算で28-300という高倍率ズームレンズ。これ1本あれば大抵の撮影はOKと思わせる。加えて4段分の手ブレ補正が加わるのだから人気が出るのもうなずける。新品はオークションで高値で取り引きされ、市場価格より2~3万円も高くなんて当たり前。ちょっと待てば生産が追いつくと思うけど欲しいときが買い時なのかな。良く写るし、いいレンズだけど、不満は一つ。山などを青空背景では周辺光量の不足が著しい。絞ってもあまり変わらないようだし、撮り方で工夫かな?今日は、白鳥を撮りに出かけた。あえて逆光に挑戦。RAWで撮ってレタッチしている。自分のラボを持っているようで楽しい。現像結果を楽しみにしていたフィルムのころもいいけれど、憧れの自家現像を手に入れた今はさらに楽しい。
20051229
(D70 AF-S VR 18-200)

2005年12月28日 (水曜日)

新巻鮭ならぬ・・・・。

連日の雪に閉口しながらも、毎日更新のHPのため写真を撮り続けている。今日は何にしようかな?と車を走らせながらネタ探し。小さい頃過ごした場所の魚屋さんに、新巻鮭ならぬ新巻「ブリ」。これはこれで、富山の風物詩なのかな?うまそうだな~。ちなみにこの魚屋さんから100m程度の位置に富山が誇る女優さんの家がある。
20051228
(D70 AF-S DX VR 18-200)

2005年12月25日 (日曜日)

中古市場もにぎやか

新しいものが出ると、古いものは一気に中古市場に流れていく。ニコンのD200が出て、D70の中古が出回り、VR18-200が出て、VR24-120がどっさり。D70あたりは、5万円そこそこで買えるのだから本当に安くなったものだ。D70は今でも十分使えるカメラなのでお買い得かもしれない。24-120のレンズの方は、銀塩でも使えるので便利なレンズだけど、未だ銀塩を使っているユーザーが飛びつくようなレンズでもないし、値段もさほど安くなっていないので微妙かな?ただし、オークション相場は中古市場より2万円ほど安いからいいかもしれない。画質は言われているほど悪くないと思う。と書きつつ、手元の24-120をどうしようか思案中。カメラ屋に出せば二束三文でぼったくり、オークションは面倒だし(特にレンズは)。さてさて。
20051225
(D70 AF-S VR 18-200)

2005年12月23日 (金曜日)

マクロはやっぱりこれ

雪が降り続き、のんきに出かけてもいられないので、庭先のシクラメンを撮ってみる。COOLPIXS2もマクロに強いがどこにピントがあっているのやら、AF点はどこなのやら。で、COOLPIX990を取り出し撮り比べ。狙ったところに確実にピントがあう。今日のこの画像も簡単そうに見えてデジカメでシクラメンにピントを合わせるのは実は難しい。レンズ回転式のCOOLPIX S4が出て、ニコンのこだわりを感じるが、どうせならもうちょっとだけマニアックな仕様にして欲しかった。今の技術で990のようなカメラがでないかな~。
20051223
(COOLPIX 990)

2005年12月20日 (火曜日)

VRⅡの威力

ニコンのニューレンズ AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF) 、高倍率で手ブレ補正が自慢。その手ブレ補正も新世代のⅡとなり、4段分の補正が可能とか。実際使ってみるとこれまでのVRレンズと明らかに動きが違う。極めて自然にファインダーの画像が止まる。昨日から試し撮りをしているが、1/10秒でも結構ブレずに撮れる。今日は試しに外灯の光だけの条件で手持ちに挑戦。ISOは1600にしている。それでもシャッタースピードは1/10秒という暗さ。ファインダーのブレは何とかいけそうな予感。帰ってモニターで見ても粒子の荒れはあってもブレはさほど感じない。いやはや凄いレンズだ。
20051220
(D70 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm  ISO1600 F4.2 1/10)

2005年12月18日 (日曜日)

COOLPIX S2のISO400

最近のデジカメのトレンドは、いかにブレによる失敗を防ぐか?かな?手ブレ補正と高感度の2陣営が競争し、双方売れているようだ。そんな中、ニコンとキャノンはどちらの方法も採用せず平気でISO50がデフォルトとなっている。2社の考えはよくわからないが、コンパクトほどぶれやすいことは確か。で、そんな2社のカメラを買ってしまったからには、こちらが工夫するしかない。COOLPIX S2の良いところのひとつに、ズーム中域でのマクロがある。けれどこれはある意味くせ者で、ズーム広角側よりF値がくらくなるし、当然ブレも目立つ。加えてS2のシャッターボタンは押しにくく、液晶が馬鹿でかいので持ち方も不安定。マクロで撮るのは一苦労だった。仕方なく感度をMAXの400に上げてみる。液晶で見る分にはさほど荒れた印象はない。家でモニターで見ても許容範囲。うーん、やっぱり技術進歩だなー。ちなみに、同じ500万画素のIXY-DIGITAL500 Caplio GXとも400で撮り比べてみたらやっぱり古いIXY-DIGITAL500が一番ノイズが多かった。CCD自体は大きいのだけれど。意外だったのはCaplio GX。500よりもS2よりも明らかにノイズが少ない。けれど、少ないというよりぼかしたという印象でそれがよいか悪いかは別問題。いずれにしても、十分許容範囲なので、ブレるくらいなら積極的に感度を上げた方がいい。
20051216
(COOLPIX S2 ISO400)

2005年12月15日 (木曜日)

デジカメはやっぱり新しい方が

大安売りの値段と防水機能に負けて、COOLPIX S2を購入してしまった。このカメラ、なかなかお洒落でよく売れているS1やS3と中身はほとんどいっしょにも関わらず不人気機種。原因はただただ、高い値段設定にあったと思う。事実、私もこのS2が出た時から注目していたが、S1は2万円台で売っていたのにS2は防水機能と言うだけで1万円以上の高値。さすがに手が出ない。防水機能は少なからず需要のある機能と思うがやはり今の時代高くては売れないということだろう。(防水と言っても生活防水で中途半端というのも原因か?)
 しかしがら、ここへ来てどこでもS3と変わらない値段で売っている。ニコンも在庫処分に出たか?ようやく購買意欲が出る値段となった。
 デジカメオタクの私のようなものには、マニュアル度が少なくちょっと面白みに欠けるし、これまでのニコンのカメラと操作性も随分違うのでとまどうが写りは、なかなか。フルオートで非常に良く写る。小さなCCDであまり余裕が無いように思われるが、画像処理技術と自由度の高いレンズシステムのためか本当に良い画像を作り出す。
昨日撮ったこの一枚もなかなか難しい光の条件だが良く撮れているし、解像感もいい。いやはや、技術の進歩に感心するとともに、デジカメはやはり新しい方が優れていると認識させられた。
20051214
(COOLPIX S2)

2005年12月12日 (月曜日)

画像が粗いと思ったら・・・。

どうも、ノイズが多いような。Exifを見てみるとISO1600。そーいえば昨日VRのブレテストをしていて、ISO1600にしうたままだった・・・。ファインダーのシャッタースピードと絞り値を見れば気付くもの、まだまだ修行が足りませぬ・・・。けど、荒れた海の雰囲気は良く出てるかも。
20051212
(D70 AF-S VR24-120)

2005年12月10日 (土曜日)

デジカメウォッチング

久しぶりに大型のカメラ量販店に行ってデジカメ見学。新製品もあっという間に安くなっている。他人事ながらメーカーは大変だなーと。ちょっと高級なコンパクトコーナーに行くと、「おーGRデジタル」が置いてあった。これがGRデジタル~と電源を押してみても全然反応無し。「あれあれ?」とよくよく見てみるとモックアップの偽物だった。それでも外観と質感くらいはわかった。その感想は「うーん、いまいち」。それほど魅力的には感じなかった。たぶん、電源いれて、操作性、スピードなどがわかればまた印象もちがったのだろうけど。となりにGX8、パワーショットS80がおいてあった。S80は小さくなかなか良い感じ。さすがは王者キャノンですね。普通に使う分にはS80の方が便利なんだろうな。
次に目を引いたのがCOOLPIXのS2。薄型の防水デジカメだけど、前は4万円くらいしていたのが、何と2万円ちょっと。ペンタの防水型が人気のようだけど値段からいうとS2もいいんじゃないかと思いますね~。
デジタル一眼は、もうこれまたかわいそうなくらい安くなっている。ペンタやミノルタ、オリンパスは価格競争に巻き込まれて大丈夫なのかな、これまた他人事ながら。
いずれしても、少なくともコンパクト市場においては、フィルムの時代は終わりましたね、残念ながら。
そうそう、最後に、ニコンの24mmレンズ搭載のCOOLPIX8400が生産中止になってました。一眼と値段が競合するし、こういった機種はもう難しいのでしょうね、そんな中ではGRデジタルはカリスマ性があるのかも。
20051210
(D70 AF-S VR 24-120mm)

2005年12月 5日 (月曜日)

冬の日本海はモノクロ

昨晩から発達した低気圧の影響で大荒れ。雪も舞い本格的な冬の到来!そんな中でも風を楽しむかのように飛ぶカモメが一羽。海、波、空、モノクロの世界。
20051205
(D70 AF-S VR 24-120)

2005年12月 3日 (土曜日)

ブログに切り替えようかとも思ったが。

知らないうちに、ココログもフリー版が登場したり、容量がベーシックで2GBになったりと進化していた。2GBは魅力だしどこからでもUPできるので、HPをココログに切り替えようかと思っていたが、最近、いかがわしいトラックバック攻撃にあいちょっと幻滅。なるほど、迷惑メールの次はこんな方法もあるのか!とちょっとだけ感心したりもしたが、迷惑であること極まりない。これまでHPに公開していたメールアドレスは、毎日50通の迷惑メールに悩まされ最終手段のアドレス変更とした。完全プライベートで公開していないアドレスにもまれに届く。彼らの知識技術、執念にはただただ呆れるが、いい加減にしていただきたい。トラックバックも禁止としたが、ココログの魅力としてはちょっと痛い。
20051203
(IXY-DIGITAL L 初霰)


2005年12月 1日 (木曜日)

VR24-120も悪くない

ここ数日は、D70にタムロンの28-200をつけて撮影していたが、そんなに古くはないレンズだけどどうもAFがいい加減で弱い。で、今日は久しぶりにニコンのVRレンズ24-120をつけて逆光の剱岳を撮ってみる。低コントラストの稜線でも確実にピントがあう。純正のなせる技なのか何なのかはわからないけど、タムロンレンズよりはピントの精度、効き具合は確実に上。以前シャープさに欠けると書いたこともあったけど、まー悪いレンズではない。もうしばらく手元に置いておくとしよう。
20051201
(D70 AF-S VR 24-120 おーい傾いているぞー・・・・)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ