« すっかり出番が少なく | トップページ | デジタルの楽しみ »

2005年11月12日 (土曜日)

Caplio R3をさわって

512MBのSDメモリが壊れた?のでパソコン量販店に行って物色。CFも安くなったがSDも現在の主流のメディアだけあって価格の下落も著しい。転送速度の速いタイプでも512MBで5000円ちょっと。で、ちょっとデジカメのコーナーを見たら発売が延期になっていたリコーのR3がおいてあった。実物は初めて見たがスペックからすると非常にコンパクト。ショウウィンドウーの中で値札もなかったので、カメラ量販店に移動。思惑通り実物がさわれる状態となっていた。
私がチェックするポイントは、起動のスピード、AFのスピード、精度、マクロのAFの効き具合、スピード、後は補正などがすばやくできるか、くらいか?操作性、スピードはリコーのカメラは共通しているので問題なし。AFもGXに比べて格段に進歩している。マクロも問題ない。なにより、このボディで、28-200、手ぶれ補正付というのは本当に凄い。加えて望遠側の200mmでも14cmまで寄れる。仕様によれば、マクロモード以外は望遠側で1m~となっているが、実際にさわった感じでは、マクロモードにしなくても、望遠側でも相当に近づけた(30cmくらいか)。手ぶれ補正もなかなか。200mmの望遠マクロ、1/20くらいでもモニターで拡大した感じではぶれていなかった。いやはや凄いカメラがでてきたものだ。けれど、唯一不安だったのがレンズ。レンズを繰り出し、軽く振ってみるとユラユラ。格納時はレンズがスライドするようだし、耐久性は???
このレンズの耐久性さえ問題ないのなら、最強のお伴カメラだな~と。
200511012
(Caplio GX)

« すっかり出番が少なく | トップページ | デジタルの楽しみ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Caplio R3をさわって:

« すっかり出番が少なく | トップページ | デジタルの楽しみ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ