« デジカメも消耗戦 | トップページ | 増える氷柱、減る氷柱 »

2005年2月 1日 (火曜日)

鉛色の空

20050201
(D70 + SIGMA 18-50mm)
北陸の冬の空を「鉛色の空」と表現することがある。最近はあまりそう感じないが昔は良く感じた記憶がある。今日はこの冬一番の寒気と大雪。朝、白い田んぼの向こうに見えた空はまさに鉛色の空だった。昨日今日とD70にシグマのデジタル専用レンズ18-50をつけて撮っているが、1万円ちょっとのレンズのわりにズームリングの操作感などは悪くない。AFも早い。D70につけると27mm相当となるが、未だ広角のデジタルカメラが少ない現在、本体とレンズを合わせても9万円程度。写りもよいとなればやはり一眼のメリットが目立ってくる。

« デジカメも消耗戦 | トップページ | 増える氷柱、減る氷柱 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉛色の空:

« デジカメも消耗戦 | トップページ | 増える氷柱、減る氷柱 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ