« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月30日 (日曜日)

デジカメも消耗戦

20050130
(IXY-DIGITAL 500)
デジタル家電の牽引役のDVDレコも価格の下落で薄利。メーカーも悲鳴をあげているようだが、デジカメもしかり。広告を見ると限定とはえ、私の所有のカメラは、IXY-DIGITAL500が19800円、IXY-DIGITAL Lが14800円などと信じられない値段。特にIXY-DIGITAL500は50が出てすっかり影が薄くなったが、CFが使えて、未だコンパクトデジカメでは第一線級の写りをする。まーキャノンさんについては儲かっているようなので良いが、今日久しぶりにカメラ屋に行ったらistDsが何と71800円(税込) D70も事実上6万円台と以前書いたが、D70は十分儲けたからいいとして、ペンタさんまでこんな値段で売っては自滅では?ある意味オリンパスが仕掛けた戦いだけど、共倒れにならなきゃいいけど。それにしても71800円とは・・・。

2005年1月28日 (金曜日)

立山連邦一望

20050128
(IXY-DIGITAL 500)
立山連邦を一望できる展望台に昼休みに行ってみた。山がよく見える日は賑わう場所だ。今日も大きなカメラを持った人など多数。確かに良い場所なのだが、剱の下のビルがいただけない。よっていつもはちょっとマイナーなところから撮っている。市内の雪もすっかり消えたが、日曜からは強い寒波でまた積もるとか。(今日の画像はクリックするとおおきくなります)

2005年1月27日 (木曜日)

20050127
(D70+SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX)
レンズ交換式の一眼レフのレンズは、通常1.5倍くらいの焦点距離となる。人気の90mmマクロもデジタルだと135mmとなってちょっと使いにくい。そういった意味で純正でも少ない50mmマクロを作っているシグマを評価したい。デジタルで75mm相当。十分望遠寄りだがそんなに使いにくい印象はない。さすがにマクロ域は十二分にシャープだし、遠景でも使える。D70とのバランスも良い。できればこの大きさで、換算50mmのレンズが欲しいところだ。

2005年1月24日 (月曜日)

剱岳と幻日

20050124
(D70 AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm)
今日は朝から剱岳がよく見えたので、ちょくちょく眺めながら通勤。ある時、虹のような輝きの雲?みたいなものを発見。朝から剱を撮っていたので遅刻ギリギリ。のんびりしている場合ではないが、「珍しい?ものは撮らねばならぬ」でごそごそリュックからD70を取り出し撮ってみた。この現象、調べたところ「幻日」と呼ぶらしい。通常反対側にも出るとのこと。確かに反対側にも出ていた。環になる幻日環というのもあるらしいが、それは超希な現象のようだ。常にカメラを持ち歩くこと。それで得られることは多い。(重いけど・・・)

2005年1月22日 (土曜日)

IXY-D_Lで雪の結晶

20050122
(IXY-DIGITAL L)
天気も回復してきたのでスキーに行って来た。今シーズン初滑り。カンを取り戻すにも時間がかかるのは歳のせいか・・・。リフトに乗っていると細かい雪が舞ってきた。見ると結晶がよくわかる。リフトを降りてウェアについた結晶をIXY-DIGITAL Lで撮ってみた。とても怪しい人状態だが、そんことは気にしない。撮りたい時に撮る、これが大事?小さく、寄れるカメラ。なかなか使える相棒だ。

2005年1月21日 (金曜日)

実質6万円台・・・

20050121
(D70+TAMRON SP 90mm F/2.5)
随分安く買ったと思っていたD70も価格コムなどでは7万5千円台。アマゾンでも実質7万円台。加えてニコン得意のキャッシュバックキャンペーンで1万円の還元。となると6万5千円でD70が買えることになる。これは凄いことだな~。D70がモデルチェンジするとは思えないが、下の機種が出るのか?D100の後継が出るのかするのだろう。まー本当の狙いは、噂されているキスデジタルの後継が発表になる前に、ニコンマウントを少しでも増やしておきたいのだろう。レンズを買ってしまえば、なかなか乗り換えが難しいからね。ボディは捨て駒。あとはレンズで儲けようと言うのがレンズを作っているカメラメーカーの強みで本音。それにしても、凄いことになってきたな~。D70をこんな値段で売って、発売すると断言している下の機種はいくらで売るつもりなのだろう?


2005年1月18日 (火曜日)

コンデジ?デジイチ?

20050118
(IXY-DIGITAL 500)
どうでもいいことだけれど、コンパクトデジタルカメラの事を「コンデジ」、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラを「デジイチ」と呼ぶらしい。どうも気に入らない。新しいものを受け入れたくないおじさんの戯言か?

2005年1月17日 (月曜日)

D70でISO1600

20050117
(D70 AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm)
何だかんだと言ってD70で撮っている。今日は夜まで撮る機会が無かったので夜景に挑戦。基本的に手持ち撮影なので高感度が使える一眼の出番だ。上の画像はISO1600で撮っている。F3.5で1/40秒。VRレンズを使っているのでブレはない。さすがに等倍で見ればノイズが目立つがWeb上で見る分には多少露出をおこしても見ることができる。まして、RAWで撮れば自由度も広がる。まだまだ高価な一眼だが、むかしから似たような値段でコンパクトデジカメを買って来て身にとっては、夢が現実になったというのが正直なところ。今、デジタル一眼は買う価値がある!

2005年1月16日 (日曜日)

D70に52BB

20050116
(D70+TAMRON SP 90mm F/2.5 <52BB>)
長らく眠りについていたレンズを起こしてみた。10数年前、「マクロといえばタムロンの90mm」という評判に欲しくて欲しくて中古で買ったレンズだ。このころは、まだ、オリンパスのOM-10というカメラを使っていた。MFのタムロンレンズの良いところはアダプターを買えれば各メーカーのカメラに付くところだ。そのため、その後ニコンのボディとなったがこのレンズは使い続けていた。確かにフィルムでもこのレンズは独特の発色があり気に入っていた。タムロンの90mmも何代にもわたって改良されてきているが、未だこのレンズを使い続き手いる人も多いようだ。さて、最新のデジタルカメラにこのオールドレンズ、写りはどうか?といったところだが、ピントが合ってぶれなければ、画像の切れ、ぼけ具合とも申し分ない。マクロ域はAFカメラでもMFが基本なので操作に不便はない。D70では、露出計は動かないがすぐさま写りを確認できるし、ヒストグラムも表示できる。これまた不自由ない。唯一厳しいのはファインダーがMF向きで無いことくらいだが、ピントの浅いこのレンズであればピントの山もつかめないことはない。こういった古いレンズが使え気軽に楽しめるところにもレンズ交換式のデジタル一眼の価値はあると思う。
ちなみにこの90mmシリーズについては こちら にページを発見。


2005年1月15日 (土曜日)

ついに一眼

20050113
(D70+TAMRON28-200mm A03)
昨年の暮れにとうとうデジタル一眼を買ってしまった。ボディが9万円をはるかに切り、256MBの高速CFも付く。大事にしまっておいた、銀塩カメラも何年も使ってない。思い切って買うことにした。結果、満足している。以前、持ち歩けないから一眼はまだと書いたが、買ってからは毎日リュックに入れて持ち歩いている。さほど苦にならない。かと言ってゴソゴソ取り出して撮るわけでもない。いざという時の保険だ。これからも基本的にはコンパクトカメラで撮っていきたいと思っている。けれど、今日の画像のように一眼の方が、容易に撮れる被写体もある。そういう時に出番が回ってくるということ。そうはいっても、銀塩の一眼よりよほど使われることだろうが。


2005年1月10日 (月曜日)

雪だるま

20050109
(IXY-DIGITAL500)
ここ富山も昨日から本格的な雪。とはいえ、湿った雪でさほど積もらない。この程度の雪では雪遊びもできないな~と大人の勝手な思いをよそに、子どもたちは待ちわびていたのか?雪が降っていても外に出ていった。一年に一度雪だるまを作らないと気がすまないらしい。少ない雪で作った雪だるまは冬ソナの雪だるま程度の大きさだが、子どもたちは満足したようだ。私の子どもの頃は、雪だるまといえば転がしても動かないくらいの大きさをイメージしたものだ。何と小学校では、札幌雪祭りのような雪像を作る授業まであった。思い出せば、雪遊びは楽しかった。いつから楽しさを忘れてしまったのだろう・・・・?

2005年1月 8日 (土曜日)

もういっちょPCの話

20050108
(COOLPIX990)
今日も引き続きPCの話。快適なノートPCが一台増えて喜んでいたら、mobioが壊れた・・・。mobioとは、NECの小型ノートパソコン。重量は800gを切って相当に軽い。CPUこそMMXの120Mhzだが、ちゃんとWin98が動くしとにかく外出時に持ち運んだり、車に載せたりと便利だった。壊れたらそれはそれで何だか寂しい。バッテリーや周辺機器もあるし、オークションで手に入れるかとも思うが、USBが使えないのと、カードバスを搭載していないのが辛い。ここはすぱっと諦めてしまうか?思案のしどころだ。といいつつ、この文章はmobioからメモリとHDを移植した別のノートPCで書いている。スペックはMMX166。十分快適。でもでかい、重い。うーん。

2005年1月 4日 (火曜日)

オールドノート再生

20050104
たまにはちょっとパソコンの話など。知人からPen2-333の半ジャンクパソコンを譲り受けた。HDは異音を発し、FANも轟音。Win98は何とか起動。けれど、液晶はしっかり写り、メモリも128MB。早速分解。HDを手持ちの3GBのものを入れ、Windows2000を導入してみる。Win2000はCDからブートできるので便利で簡単。BIOSで引っかかったけど、アップデートしたら簡単にインストール終了。HDが古いせいか?ちょっと遅いが十分実用レベル。Win2000は低スペックのPCでも動くので優れたOSだ。ちなみにWinXPも入れてみたが、動くだけという結果。やはり重い・・。メモリも安いので192MBにし、HDは40GBのものを購入。あわせても1万円しない。これで、Win2000を再インストール。すると快適快適。ブラウジングも早いし、言うこと無し。比較的新しいOSなので周辺機器も自動で認識するものも多い。休止やスタンバイも安定し、WinXPなみのことができるのでこりゃ儲けもの。世の中Pen2-333以上のPCで眠っているものも多いのでは?Win2000、オールドPC再生にお勧めです、ホント。

2005年1月 3日 (月曜日)

剱立山

20050102
(COOLPIX990 RAWで撮影、ニコンキャプチャーで現像)
正月二日三日と良い天気。雪国であることを忘れそう。(そんなことはないか?)山が綺麗だったのでCOOLPIX990のRAWで撮ってみた。JPEGに比べて綺麗に撮れると言うことはないが、後処理が苦にならなければ画像の自由度が高いというのは、それはそれで価値がある。ただ、COOLPIX5700の時もRAWを使ってみたが、5700とニコンキャプチャーの相性はあまり良くなく、快適とは言えない。990の診断RAWも擬似5700として現像するので使い勝手があまり良くない。そこが悔やまれるところだ。
(画像をクリックすると多少大きくなります)

2005年1月 1日 (土曜日)

謹賀新年

20050101
新年あけましておめでとうございます。今年もがんばって撮り続けよう!と一応の決意表明。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ