« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004年11月28日 (日曜日)

マクロに一日の長

20041128.jpg
(COOLPIX990)
鉢植えの小さな観葉植物に花がついた。観葉植物だって「植物」なんだから、花が咲いて当然。けれども、そんな認識があまりないものだから、うれしいやらびっくりするやら。これは、記念?に撮らねばとPowerShot Pro1を出してみたけれど、スーパーマクロにしてもピントが迷う・・・。やっぱりCOOLPIX990かなと撮ってみれば快適快適。5点の測距点を選べるしピントも狙ったところにピタリ。一方 Pro1は通常モードではピントフレームを移動できるのにスーパーマクロにすると中央だけ。マクロほど構図などから動かしたいのに・・・・。キャノンとニコン、考え方の違いが明確。どうやら私にはキャノンはあわないようだ。(IXYは私とのギャップ以上の魅力があるので別)

2004年11月25日 (木曜日)

110mのクレーン

20041125.jpg
(PowerShot Pro1)
昨日「海王丸」を引き上げたクレーンが富山港に停泊中。遠くから見ただけでもその大きさは桁外れ。近くで見ると圧巻の一言。こんなものが海に浮かんでしかも航行するかと思うと信じられない・・・。

2004年11月24日 (水曜日)

IXY-Dで紅葉

20041124.jpg
修理から戻ってきたIXY-D500。やっぱり手軽で良いカメラ。IXY-D50はさらに良いのだろうけど500も十分良く写る。天気も良く紅葉が綺麗だったので適当にパチリ。なかなか良い雰囲気で発色もいい(色が正確かどうかは別)。リサイズのみで色はいじっていない。この大きさでは良くわからないが、葉の一枚一枚もきっちりと解像している。いつもながらこのカメラの写りには驚かされる。

2004年11月21日 (日曜日)

Pro1できのこ(2)

20041121.jpg
IXY-DIGITAL500も入院中、PowerShot Pro1で原木栽培のナメコに挑戦。けれど、ピントが合わない・・・。マクロもマクロモードが良いのやら、スーパーマクロモードがよいのやら、微妙な距離で多くの操作を強いられる。そもそもピントはコントラスト式だけでなく、外部測距を用いたハイブリッドと自慢の割には本当にあわない。写りは良くてもこれでは文句も言いたくなる。売れず、市場から消えつつあるカメラである理由がわかってきた。あー悲しい・・・。

2004年11月16日 (火曜日)

Pro1できのこ

20041114.jpg
今日もしつこく11月5日に撮った(採った)きのこ。ふと林道下を見ると生きている木に見事なキノコが発生。近づいてみると「ムキタケ」だった。すき焼きに入れると抜群。表面が剥けるからムキタケだが、本によっては「剥いて」食べろというものもある。個人的にはそんな必要は無いと思っている。そのまま食べても十分においしい。これだけ見事に発生しているのはあまり見たことがないので、Caplio RXで撮ろうとしたらご臨終・・・。仕方なく?リュックからPowerShot Pro1を取り出し撮ったが、どうも今一つ操作性が悪い。キノコを撮るにはあまり適していないかな~?いつまでも11月5日のキノコでは芸がないので、今日のキノコはこちら

2004年11月13日 (土曜日)

IXY-DIGITALできのこ(9)

20041113.jpg
今日も11月5日に撮ったきのこの画像。緑色のキノコというのはあまり見たことはなかったがこれは、なかなか美しい色で何となくおいしそうな気配。色に特徴があるから図鑑を見たけど発見できなかった。なーんだマイナーなキノコかと思っていたら、専門家の方から「モエギタケ」と教えていただいた。なに?モエギタケといえば、おいしいきのこが揃う、「モエギタケ科」の科名ではないか!ならば食用かと思えば残念ながら不食らしい。ちなみに萌葱色という色があってその色からこの名前が付いているようだ。

2004年11月11日 (木曜日)

IXY-DIGITALできのこ(8)

20041111.jpg
山は晩秋、きのこも毒きのこが減りおいしいきのこのシーズン。今年は熊の出没が相次いでいてなかなか山に入るには勇気がいるが、地元の人に聞けば「熊は里に下りていてここら辺にはいないわ」とのこと。なるほど確かに奥山で熊の被害というのはあまり聞かない。さて、本日のキノコは、「ウスヒラタケ」。冬のキノコ、平茸の親戚のようなものだがあちらとは厚み、大きさがまるで違う。しかし味は十分においしく間違いやすいキノコもないので安心して採ることができる。ただし、そう言っていたスギヒラタケが今や疑惑のキノコ。他のキノコもいつ何時そうなるやら・・。(11/5撮影)

2004年11月 8日 (月曜日)

次々入院

20041108.jpg
(今話題のスギヒラタケ リコーG4WIDE)
入院といっても、スギヒラタケによる入院の話ではありません。デジカメが2台入院してしまいました。一台は職場のお気に入りリコーのRX。キノコを撮っていたら突然画面が真っ白に・・・。再生はできるし、どうやらCCD関係がいかれたかな?まー保証期間中なので元気に帰ってくることを祈りましょう。もう一台は、IXY-DIGITAL500。実際のところメインカメラ状態なのでこれは痛い。症状としては、シャッターの接触不良というか、押しても撮れないということがしばしば。実は、IXY-DIGITAL200aの時も、同様の症状になりシャッターボタンが交換された。どうもIXY-DIGITALのシャッターボタンの耐久性には??がつきそう。早く帰ってきてくれー。

2004年11月 5日 (金曜日)

PowerShot Pro1でツキヨタケの発光

20041105.jpg(F2.4 15秒 ISO200 28mm相当)
山で新鮮なツキヨタケ(日本のきのこ中毒NO.1)を見つけたので、持ち帰り、PowerShot Pro1で発光撮影に挑戦してみた。PowerShot Pro1のレンズはF2.4とそこそこ明るいので30秒で撮れれば何とかなるかな?と思っていたが、説明書を見ると15秒まで。それではと、ISO400で最初撮ってみたがやはりノイズが多い。そこでISO200にしたら何とか写った。暗い部屋でヒダがはっきり確認できるほど明るく発光していたので何とか撮れたのだろう。できれば、山の中で発生・発光しているところを撮りたいがそれこそ、熊の餌食だ。とりあえずは撮れたので満足。最新のデジタル一眼なら30秒ぐらいはノイズも出ないようだから苦労なく撮れるんだろうな~。
ちなみに中毒しないためにも、見分け方を二つ。一つは、割ってみて付け根に黒いシミがあるとまず間違いない。二つ目は付け根にリング上の突起がある。しかしながらいずれの特徴もはっきりしないものもあるので注意が必要。怪しい物は食べない、これ鉄則なり。

2004年11月 3日 (水曜日)

オリンパスE-300 9万円を切る?

20041103.jpg(IXY-DIGITAL500)
オリンパスのデジタル一眼E-300のレンズセットがどうやら実売9万円を切って売り出されるようだ。本体ならともかく28-90(35mm換算)のレンズがついてこの値段は衝撃だ。ほかのメーカーもいくらマイナーなマウントと言ってもこの値段にはびっくりじゃないだろうか?いやはや相当やばいなー個人的に・・・・。実はマウントアダプターなるものが発売されていてニコンのレンズも使えるんだよねー(露出もピントもマニュアルだけど)。35mm換算では倍になるけど、望遠側なら有利だし、いくらレンズ交換しても、ゴミ取り装置が付いているし。オリンパスも捨て身の作戦にでたのかなー。ユーザーとしては値段が下がることはうれしいけど、企業はだいじょうぶなのかな~?このカメラがどれほど売れるかにオリンパスの命運がかかっているのかな?

2004年11月 2日 (火曜日)

PowerShot Pro1で木の顔

20041102.jpg(PowerShot Pro1スーパーマクロモード)
日も短くなり、せっかく買ったニューカメラ(といっても中古だけど)もなかなかじっくり使う暇がない。ようやく外に出た昼に時間が撮れたのでいろいろ試し撮りをしてみた。紅葉もいまいち、里のキノコも見られなくなり、ちょっと寂しい遊歩道をカメラを持ってネタ探し。マクロ好きなので寄ってみるけど通常のマクロモードは無いに等しい。仕方なく、スーパーマクロモードに。これはなかなか使えるけど、メニューからの呼び出し、再生にするとリセットされるなど、ニコンのマクロ使いにとっては、不便極まりない。使ってみないとわからないなーカメラってというのが本音。このカメラも短い付き合いになるかなーという予感・・・・。これからの季節は木の葉痕を撮るのが結構楽しい。木の種類によっていろんな動物の顔に見えたり、笑って見えたり泣いて見えたり。この子はなかなか可愛らしい。

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ