« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004年10月31日 (日曜日)

Muvo2FM 車載その2

20041031.jpg
Muvo2FMを車で聞くのはとても快適。携帯ホルダーの流用で操作も運転の妨げにならずに行うことができる。これまでは、サン電子株式会社のFMTM-101という製品を使っていたが、バッテリー駆動式は車では何となくもったいない。せっかく発電しているのだからやはりシガライターから直接供給出来た方が良い。たまたま、パソコンショップで見つけた、digidockのFM-T700という機種が安くかつUSB端子(電源供給用)がついていたので買ってみた。あまり期待していなかったが、音質は高音質と思っていたFMTM-101より遙かに高音質。バッテリー式でないためか、出力も大きく「Muvoってこんなにいいの?」と思わせるくらいだった。次にUSB端子があるのでMuvo本体に電源供給しようとUSBケーブルを繋いでみたけど、PCモードになってダメ。USBから電源端子に供給するケーブルが必要だ。Arvelの PWC-100 USBパワーケーブル を使えば簡単だが、世の中にはちょっと工作すれば、250円でおつりがくる。詳細はこちらのサイトに詳しく載っています。で、挑戦してみましたが、はんだに不慣れな私は悪戦苦闘。素直にアマゾンで注文した方がよかったかも・・・・。何とかケーブルは完成し、画像のとおり、本体にも無事電源供給できるようになりました。ほぼ完璧な車載システムの出来上がり~。

2004年10月30日 (土曜日)

リコーRXできのこ(9)

20041029.jpg
昨日青空の下、森林内で肉体労働。何か獲物はと思い探してみるけどなかなかキノコは見つからない。そうこうしているうちに、同僚から「キノコありましたよー」との声。場所は、杉林と広葉樹の混交林。もしやと期待して行くと、期待通りのキノコだった。名前は「チャナメツムタケ」。私の経験上、杉林の端の広葉樹林に発生することが多い。場所によっては土ナメコと呼んだりもするらしく、幼菌をみそ汁にすればちょっと土臭いナメコといった感じで大変おいしい。土ナメコといっても土から発生するわけではなく、その下には埋まった枝などが存在する。仲間に、キナメツムタケ、シロナメツムタケと「茶」「黄」「白」と色は違えど味はどれもみなおいしい。画像がおいしそうに撮れなかったのが残念だ。

2004年10月27日 (水曜日)

新潟地震

20041027.jpg
(PowerShot Pro1)
新潟の地震には心を痛めている。7年間暮らしお世話になった土地だからだ。初めての就職、結婚、子どもと思い出とともに大変お世話になった。かつての同僚たちは今必死で災害復旧に取り組んでいることだろう。何か手伝えることはないだろうかと思うが単独でむやみに行っても迷惑だろし、それなりの覚悟が必要だ。新聞で一番求めているものはの問いに「金銭的援助」が大半を占めていた。わずかであるが、とりあえずできること、募金をしてきた。そんななか、行方不明の母子生存のニュース。正直目頭が熱くなった。当初は3名とも生存とのことで本当にうれしかったが結果は1人になりそうだ。それでも小さな子を持つ親として、待つ父親、無くなった母親の気持ちは痛いほどよくわかる。もし自分がその立場だったらと思うといたたまれない。亡くなった方のご冥福をお祈りしたい。また、余震が続く中命がけで救助活動にあたっている、レスキュー隊のみなさんにもただただ頭が下がる。直接言葉はかけられないけど、エールとともに感謝を伝えたい。

2004年10月25日 (月曜日)

PowerShot Pro1の望遠で

20041025.jpg
(PowerShot Pro1)
今日は現場にPro1を持って出かけた。まだうまく使いこなせないのでなかなか手間取るが、写りに関してはなかなか。遠くにカモシカらしきものを発見。相当の距離があるので最望遠の200mmで撮っても小さい。けれど、等倍で見るとカモシカの顔も良く写っている。ブレているのできちんと撮ればもっとシャープに写るだろう。COOLPIX5700から移行した価値はありそうだ。(画像をクリックすると大きくなります  楕円の中が等倍)

2004年10月24日 (日曜日)

デジカメラプチ道楽

20041024.jpg
(Canon PowerShot Pro1スーパーマクロモード)
COOLPIX5700の「とりあえず」の後継は、CanonのPowerShot Pro1となった。中古で購入。COOLPIX5700を売った金額との差額で実質の手出しは、普及価格帯のデジカメ程度。5700も中古で買ったが売るときにはさほど値は落ちない。中古価格が落ち着いたときに買ってまだ賞味期限で売る。いろんなカメラを楽しむ。個人的には「カメラプチ道楽」と思っている。本当は、COOLPIXの8400あたりがいいのだけれど、まだまだ高いし、望遠も捨てがたかった。まー個人的には28mmですら使いこなせないし、やはりキャノンユーザー憧れの「L」レンズを使ってみたかったというのもある。まー使い勝手写りなどはおいおい書くとして、今日はスーパーマクロモードでの一枚。ニコンはマクロに力が入っているが、キャノンはさほどでもない。このモードもメニューから選ばなければならない。写りはいいけど、面倒だ・・・・。

2004年10月21日 (木曜日)

MuVo2 FM買っておいて良かった?

20041021.jpg
(リコーRX 同定できないキノコ)
MuVo2 FMを買って快適に本来の使い方で使っているが、2ちゃんねるの情報を見ていると、中身のマイクロドライブ(もどき)の単体発売ものの中には、デジタルカメラで使えないとの報告多数(というか動いた報告がないのかな)。あらあら、日立さんと同じ状況になってきたのかな?こうなると、MuVo2 FMの中身も怪しくなってくるので、買い占め騒動にならなければいいけど。とりあえず、将来に向けて買っておいて良かったかな?

2004年10月19日 (火曜日)

さらばCOOLPIX5700

20041019.jpg
COOLPIX5700を手放した。今年3月に中古で購入。手放した一番の理由は出番が少なかったこと。では、なぜ出番が少なくなったか?それは、ほぼ同時期にIXYDIGITAL500を手に入れたからだ。5cmまで寄れるようになり、3倍ズーム、そしてそつのない写り。サブといいながらほとんどメイン状態。さらに、仕事で現場に出るときはこれまで自前のカメラを使っていたが、リコーRXが導入され、IXYすら出番が少なくなってきた。COOLPIX5700は悪いカメラではない。けれど、マクロではやっぱりE990が便利だし、液晶が1.5インチというのも辛い。時折びっくりするような写りをするけど、それでもさほど使いたいという欲求が出てこなかった。中古も豊富、売るのもオークションという手段、便利な世の中になったものだ。さて、次なる機種は??近々登場予定。

2004年10月16日 (土曜日)

MuVo2 FM(その3)車載

20041011.jpg
デジタルカメラで使うことを諦めたからには、Muvoちゃんを活用しなくては。もともとMP3プレーヤー代わりにWinCEのシグマリオン2やカシオE3000を使っていたので、専用機の便利さを満喫したい。一番の目的は車でのリスニング。私の車にはCDチューナーしかついていない。そこで、出てくるのがFMトランスミッター。これはシグマリオン2をMP3プレーヤー代わりに使っていたときに買った物。サン電子株式会社のFMTM-101という製品だ。(生産終了?後継機種はCXTM-701?カー電源付きでこっちの方が良さそう)

 )ipodに吸盤で取り付けて使うことを前提にしている製品のようだ。なぜこれを選んだかというと、実はFMトランスミッターというのは製品によって凄く性能が違うらしい。いろいろ調べたらこの製品は高音質と評判の「ローム社製BH1416F」というチップが使われているとのこと。このチップを積んでいる製品はそうはないようだ。シグマリオン2は本体の性能が悪いので「なーんだこの音は」と思っていたが、Muvoに繋ぐと十分使える音質。肝心の吸盤はMuvoが小型すぎて使えない・・・。次にMuvoを固定し、運転中でも快適に操作できなくてはいけない。ipodはさすが売れているだけあって、いろいろアクセサリーがあるけど、Muvo用は見あたらない。いろいろ探し回って何とか使えそうなのものを発見。イエローハットで500円くらいで売っていた携帯電話ホルダー。サイズ的にはMuvoはオーバーしているが何とか入る。操作も快適。サイズがギリギリなので多少傷が付くがそんなことは気にしない。ホルダーは両面テープで貼ってあるだけなのでいつ落下するか心配だけど、FMトランスミッターで保険かけてあるから大丈夫だろう。これで最大1000曲のチェンジャーの出来上がり!!

2004年10月13日 (水曜日)

MuVo2 FM(その2)

20041013.jpg
レジでおねえさんに「3年保証もつけられますけど~」とやさしく言われたが丁重にお断りした。だって、その日のうちに分解して保証がうけられなくなるんだから・・・。中に入っている5GBのマイクロドライブ(正式にはマイクロドラブとは呼べない←IBMの登録商標?)を使えるカメラは持っていないのだけれど、マニア心が騒ぎ、家に帰って早速分解。ネジ8本であっというまに分解完了。取り出してみて何に使おうか?PDAで動画を見たいと思っていたのでそれようにとPDAに入れてみる。ごく普通に認識。ちなみに、マイクロドライブの代わりにCFを突っ込んで動かすなんてことも可能らしいが私の手持ちのCFは全滅だった。残念。そうこうしているうちに、手の中(約1mの高さ)からスルリ・・・。落下テスト完了・・・・・・・・・。あまりのショックに暫し呆然。やっぱり本来の目的で使うのがベターか?と思い元に戻すけど馬鹿なことにフォーマットをかけていたので簡単には復旧しない。でもね、世の中ネット社会。ちゃーんと元の戻すファームがありました。結局落下後も無事動き、元どおりとなりました。(保証はだめだけど)。ちなみに、カメラの可否などは、こちらに載ってます。また、わざわざ分解しなくても、単体ドライブも発売中。日立さんと違ってちゃんと本体より安いんだからこっちを買った方がいいですね。でも、笑えるのが、アマゾンでMuVo2 FMを買っている人の多くがはD70、20Dと一眼買っていることやセット販売していること。やっぱりオーディオプレーヤーより分解の方が多いのかな?

2004年10月11日 (月曜日)

MuVo2 FM(その1)

20041012.jpg
クリエイティブのポータブルオーディオプレーヤーの最新型が「MuVo2 FM」だ。ちまたでは、アップルのipodminiが人気だが、このMuVo2 は別の意味で人気商品。というのも中にマイクロドラブが入っていてそれを抜き取ってデジタルカメラに使うというのだ。前の型は4GBで日立(IBM)のマイクロドライブが入っていた。当時マイクロドライブ単体で買うと8万円くらいしたのに、このオーディオプレーヤーは3万円しない。で中を抜き取って使ったり、オークションで売ったりと。さすがに「日立」は怒ったようで、デジカメに使えないようにして一時終息。しかし、この5GB版ではシーゲートのドライブに変更したものだから、未対策。さっそく分解する輩が出てきたわけだ。新しいデジタル一眼なら使えるようだ。何だか使うあてもないのに買わないと損かな?と気がついたらレジの前・・・・・。(つづく)

2004年10月10日 (日曜日)

IXY-DIGITAL50いいかも

20041010.jpg
(IXY-DIGITAL500 キンモクセイ)
SDカード仕様のIXY-DIGITAL二桁シリーズには個人的には興味がなかったけど、何やら評判が良さそうなのでカメラ屋に行ってちょっと触ってきた。第一印象「ありゃー薄い」。次に電源オン、「ありゃー速い」、スペックを見るとマクロ3cm、35mmから。「ありゃーやられた」といった感じ。IXY-D伝統の質感に、動作のもっさり感が取り払われ、どうやら無敵になった感じ。IXY-DにはCFを守ってもらいたいという思いはあるが、SDカードも安くなってきたし、コンパクトデジカメはSD主流。SDじゃなきゃあのサイズは無理だなとも思った。さてさて、IXY-D500の次はあるのだろうか?スピードアップして700万画素ってところか?IXY-D50がある以上、もう一工夫ほしいね(と勝手にレンズに期待)

2004年10月 8日 (金曜日)

IXY-DIGITALできのこ(7)

20041008.jpg
ひさしぶりにIXYできのこ撮影。とは言っても今日のは栽培もの。最近はスーパーでも見かけるようになった「ヤマブシタケ」。この独特の形が魅力的?まー毒きのこには見えないけどうまそうでもないというのが一般的な見方かな?実際、さほどうまいキノコでもないが、アルツハイマーの予防になるとか薬効的な方が注目されるよう。でもメジャーになれるキノコではないでしょう。山で見つければそれなりにうれしいキノコではありますが。

2004年10月 5日 (火曜日)

GR-1デジタル?

20041005.jpg
(リコーRX 松に発生の杉平茸)
山田久美夫氏の「DigitalCamera.jp」のフォトキナ2004のレポートに

35mmコンパクト機で人気の「GR-1」展示スペースに、「2005」と記されたプレートを展示。GR-1のデジタル版登場の可能性も。
との記述が!画像を見れば確かに2005?とある。現在一生懸命開発しているのでしょう、がんばって欲しいものです。GR-1を名乗るからにはレンズ性能に妥協はできないでしょうから、じっくりと開発して良い物を出して欲しいですね。とは言っても2005年何てすぐですね。

2004年10月 4日 (月曜日)

リコーRXできのこ(8)

20041004.jpg
いい加減もう飽きた!という声が聞こえてきそうだけど、そこはそれ、勝手サイトなんだからご勘弁。まだまだ撮ったものはあるけれど少しは遠慮してます。というわけで、本日のきのこは、「ヌメリイグチ」何ともおいしそうなヌメリのあるきのこです。松林に発生。比較的容易に採取できそこそこ人気のきのこのようですが、イグチ系にありがちな、消化不良を起こす場合もあるので注意が必要。食べてみようかと思ったけれど、口内炎が出来ていて体の抵抗力が落ちていると思われ今回はパス。

2004年10月 2日 (土曜日)

デジカメとGPSで

20041002.jpg
きのこは毎年同じ場所に発生することが多い。何とか確実に次もと思うが、意外と人間の記憶というのは曖昧で、その時期さえ、いい加減なものだ。芸術性などはともかく、とりあえずデジタルカメラで撮っておけば、確実に「時間」は把握できる。銀塩時代はデートは写し込めるけど何となく邪魔だし、撮ってもろくに管理もしない。デジタルで時間毎に管理しておけば検索も容易だ。時間はわかる、では、「場所」をどうする?地図におとそうにも山の中での自分の位置などわからない。そこで登場するのがGPS。最近は1万数千円のものでも10m内外の精度はある。「10mじゃ使い物にならない」と言っては始まらない。記憶よりよっぽど確かだし、10m圏内に入れば何かしら目印の記憶も蘇るだろう。さらにGPSのデータは画像情報であるExifに書き込む事が可能だ。時間と場所が画像の中に埋め込まれる。何とも便利な世の中だ。ちなみにExifにGPS情報を書き込むには「カシミール3D」が便利。

2004年10月 1日 (金曜日)

リコーRXできのこ(7)

20041001.jpg
何やら見慣れないキノコ。おーこういうのを見てみたかったんだ。名前は「サンコタケ」というらしい。名前の由来を調べたけどわからなかった。珊瑚茸なら何となくわかるような気もするけど。(どこが珊瑚なんだーという声も聞こえてきそうな・・・)現場ではわからなかったけど、スッポンタケなどと同じでどうも臭いらしい。スッポンタケのように食材にもならないようだし、容姿を楽しむ?きのこかな?ちなみにこれは、9/27に撮ったものだけど、珍しいかと思っていたら今日だけで2個発見。珍しくもないようだ、ちょっと残念?

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ