« リコーRXできのこ(7) | トップページ | リコーRXできのこ(8) »

2004年10月 2日 (土曜日)

デジカメとGPSで

20041002.jpg
きのこは毎年同じ場所に発生することが多い。何とか確実に次もと思うが、意外と人間の記憶というのは曖昧で、その時期さえ、いい加減なものだ。芸術性などはともかく、とりあえずデジタルカメラで撮っておけば、確実に「時間」は把握できる。銀塩時代はデートは写し込めるけど何となく邪魔だし、撮ってもろくに管理もしない。デジタルで時間毎に管理しておけば検索も容易だ。時間はわかる、では、「場所」をどうする?地図におとそうにも山の中での自分の位置などわからない。そこで登場するのがGPS。最近は1万数千円のものでも10m内外の精度はある。「10mじゃ使い物にならない」と言っては始まらない。記憶よりよっぽど確かだし、10m圏内に入れば何かしら目印の記憶も蘇るだろう。さらにGPSのデータは画像情報であるExifに書き込む事が可能だ。時間と場所が画像の中に埋め込まれる。何とも便利な世の中だ。ちなみにExifにGPS情報を書き込むには「カシミール3D」が便利。

« リコーRXできのこ(7) | トップページ | リコーRXできのこ(8) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジカメとGPSで:

« リコーRXできのこ(7) | トップページ | リコーRXできのこ(8) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ