« リコーRXできのこ(6) | トップページ | 立待月 »

2004年9月28日 (火曜日)

デジカメも個性の時代へ

20040928.jpg
(リコーRX)
Photokina2004が開催され、各社から意欲的な製品が続々発表となっている。レンズメーカーはAPS-Cサイズに合わせた広角ズームや高倍率ズームなどデジタル一眼のレンズ面での弱点克服。ユーザーとしてはフィルムカメラと同じように多くの選択肢ができることは大歓迎だ。高画素、コンパクトで金太郎飴のようだったコンパクトカメラも個性的な製品が増えてきた。そして、一眼は10万円を切り本格的な普及時代へ。特に今回発表になった、オリンパスのE-300は、デジタル「一眼」でありながらこれまでのスタイルにこだわらない発想がすばらしい。「フォーサーズシステム規格」で孤軍奮闘しているが、こういった製品を出していければ道は開けるかも知れない。私が初めて手にした一眼レフはオリンパスOM-10。小型で安価、けれどダイレクト測光やマニュアルアダプターなどひと味違った魅力があった。E-300を見てふと思い出した。

« リコーRXできのこ(6) | トップページ | 立待月 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジカメも個性の時代へ:

» E-300 発表 [Tami’s Room:diary from k-tai]
オリンパスの「E-300」発表されましたよね。E-1に続き超音波防塵フィルターの搭載もGOODです。これだけでも買う価値ありです。しかも10万円を切ると言うじゃ... [続きを読む]

« リコーRXできのこ(6) | トップページ | 立待月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ