« 強面 | トップページ | 携帯用セミ魚眼? »

2004年8月17日 (火曜日)

本物の月見草

20040817.jpg
(IXY-DIGITAL500)
毎年お盆の二日間、富山県中央植物園では夜間開園を実施している。夜にしか見られない花や、夜になると強い香りを放つ植物など、昼間では見ることの出来ない世界だ。初日はオリンピックの影響もあってかあまり人出はなかったようだが、二日目は盛況だった。熱帯植物を集めた温室などは夜のジャングル体験のようで子どもたちは大喜び。カメラを持った人も多かったが薄暗い条件下でピントを合わせるのは至難の業。特にコントラストでピントを合わせるデジカメとなるとお手上げ状態。「ピントがあわなくて」とあるボランティアの方。「私はこれがあるから大丈夫」と自慢げにIXYを見せた。初代IXYからAF補助光があるがこういった条件下では便利だ。確実にピントがあうし、ストロボもプリ発光するので露出オーバーになることはまずない。画像は、正真正銘「月見草」一夜限りの花だ。この後ピンク色に変わってしぼんでいく。通常月見草といわれる黄色い花は「大待宵草」だ。

« 強面 | トップページ | 携帯用セミ魚眼? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33794/1213285

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の月見草:

« 強面 | トップページ | 携帯用セミ魚眼? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ