« 激安台湾製DVD-R その2 | トップページ | 実りの秋近し »

2004年8月29日 (日曜日)

激安台湾製DVD-R その2の続き

OPTO製のHIDISCはPCでうまく焼けても(エラーの頻度は不明)東芝のRD-X4では、まったく認識されなかった。けれどもブランクディスクをRD-X4に入れるとちゃんと認識される。おっ?これならX4の記録用なら使えるかな?と試してみた。何やら4倍では焼けないようだが、SPモードで2時間、無事完成。再生も問題なし。ところが、ファイナライズをしたらまったく認識されなくなった。RD-X4で作ったメディアもX4で認識できないのだからお話にならない。けれどもこのディスクはPCでは問題なく再生される。結局のところ、HIDISCのデータ用はPC専用かな?HIDISCは秋葉あたりでは10枚298円で売っていたりもするようなので、配布用や一時保存用、データ移動用などの使い方であれば活用の道はありそうだ。いずれにしても、どこかのサイトにも書いてあったけど、HIDISCはハイリスクってことでしょう。


































メーカー OEM元 PC RD-X4 単価 総評
HIDISC(VIDEO)4× PRINCO 50円 2倍で使うなら
HIDISC(DATA)4× OPTO × 50円 PCだけなら

« 激安台湾製DVD-R その2 | トップページ | 実りの秋近し »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激安台湾製DVD-R その2の続き:

« 激安台湾製DVD-R その2 | トップページ | 実りの秋近し »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ