« IXY DIGITAL の進化 | トップページ | IXY-DIGITALのちょっとした不満 »

2004年5月20日 (木曜日)

IXY DIGITAL の進化(2)

20040520.jpg
(IXY DIGITAL500 F2.8 1/250)
IXY-DシリーズもIXY-D500で12機種目。画素数は200万→500万、ズームは2倍、3倍、単焦点、メディアもCFとSDと枝分かれし進化してきた。CCDもその時々のメジャーなものを使ってきたが、IXY-D400でちょっとこれまでのIXY-Dとは違い気合いが入った。1/2.5インチの400万画素CCDを使うかと思いきやより大きな1/1.8を採用。画質的にもぐっと良くなった(らしい)。加えて、これまでお世辞にもマクロに強いと言えなかったが、10cmから5cmへと大幅な進歩。たかが5cmだが広角側での5cmは全然違う。ようやく「使える」マクロを手に入れた。個人的にはこれが一番うれしい。画素の力も加わり本当に良く写る。もう一つうれしいのは、正統派?IXY-Dは初代からバッテリーが同じでCFを採用していること。キャノンの良心と策略を感じる。電池が無くなればただの箱。バッテリーが使い回せるのは本当に便利だ。

« IXY DIGITAL の進化 | トップページ | IXY-DIGITALのちょっとした不満 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IXY DIGITAL の進化(2):

« IXY DIGITAL の進化 | トップページ | IXY-DIGITALのちょっとした不満 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ