« 巨木 | トップページ | IXY DIGITAL の進化(2) »

2004年5月19日 (水曜日)

IXY DIGITAL の進化

20040519.jpg
(IXY DIGITAL 500)
IXY-Dは3台目(3代目)である。初代、200a、そして500。初代は発売と同時に購入。当時あの大きさ、あの質感は他機種を圧倒していた。初めて買ったデジカメは、パナソニックのCOOLSHOT IIで、コンパクトでCF、乾電池と理想の形であったが、パンフォーカス、35万画素、ストロボなしではやはり満足できず、手放した。そのCOOLSHOT IIとほぼ同じ大きさで、AF、2倍ズーム、マクロ10cm、CF採用で200万画素はとても魅力的で買わずにいられなかった。
画質的にある評論家が酷評していたが、個人的にはまー許容レベルかと。しかしながら200aが出て、使い勝手が良くなった事もあり、購入。あまりの画質の違いに愕然とした記憶がある。その後400が出て、大きいCCDを採用。気持ちが揺らいだが、200万画素で十分という思いとマクロ以外に200aに不満はなかったので購入は見送っていた。そうこうしているうちにIXY-Dも500万画素へ。あまり興味はなかったが200aのシャッターが不調になったのと同時に未使用中古を発見(してしまった・・)新品より1万円も安かったので購入。あまり期待していなかったが、その写りは見事。500万画素の威力とキャノンの映像処理の底力を感じた。

« 巨木 | トップページ | IXY DIGITAL の進化(2) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IXY DIGITAL の進化:

« 巨木 | トップページ | IXY DIGITAL の進化(2) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Flickr

  • script>(window.jQuery && parseFloat(window.jQuery().jquery) > 1.5) || document.write('

天気

無料ブログはココログ